レーザープリンタ用のリサイクル品のトナー

プリンターを購入する際に、インクジェットプリンターにするか、レーザープリンターにするか、迷いました。お店の店員さんの話ですと、近年ではプリンター自体の値段はとてもお手頃になっているが、その分インク代が高いそうです。確かにプリンターのお値段が予想よりもずっと安い買ったので驚きました。我が家では子供がいるので、プリンターの利用目的は写真印刷などが多く、画質の綺麗さで選ぶなら、レーザープリンタがおススメとのこと。レーザープリンターでのトナーは、確かにインク代よりも高くなるそうですが、実は純正のトナーに比べてお値段の安いリサイクル品も出ているそうです。インターネットからも注文が出来るそうで、最近ではリサイクル品の質もあがっているそうなので、それを利用すると良いとアドバイスを頂きました。結果、我が家ではレーザープリンターを購入。さすがにレーザーは写真等の印刷の画質がとても綺麗にしあがって大満足しています。

プリンター購入時はトナーについても調べておこう

会社でも家庭でも、プリンターが普及してきて、様々なことができるようになりました。手軽に印刷できることで、表現の幅も広がりましたね。プリンターの値段も意外と安く、スキャナーがついた複合機も家庭で買える程度のお手頃値段になっています。たくさん印刷して便利に使いたいものですが、たくさん印刷するにはプリンターだけでなくインクがたくさん必要になります。このインクの値段が意外と高いのがネックです。安価なリサイクルトナーもありますが、モノによっては質が悪く、インクヘッドを詰まらせてしまうなどプリンター故障の原因にもなります。安さだけでなく、きちんと使えるものか、信頼できるメーカーかなどをきちんと確認して使うようにしましょう。純正品を使うのが一番良いですが、価格が高いものもあるので、プリンターを買うときにトナーについても価格を調べ、ランニングコストがどれぐらいかかるのかを調べておきましょう。

家庭用プリンターにおけるトナー費用について

家庭用パソコンを利用したコピーやプリントアウトに掛かる費用の大半は、トナー料金です。プリンター自体の初期費用は一見高そうに見えますが、ライフサイクルコストを考えると実に大したことがないことが分かります(コピーやプリントアウトする頻度にもよるかと思いますが)。そこに目をつけて非常に高い収益を上げているのが大手複写機メーカーと言えます。プリンター自体ではそれ程の利益は上がらないもののトナーでの利益率は非常に高いものとなっています。実際、電気屋さんに行って買おうとした時、なぜこんなに高いのかと思ったことのある方が多数いることでしょう。同様なビジネスモデルが、携帯電話と言えるでしょう。プリンタービジネスモデルは携帯電話ビジネスモデル程ではないものの、初期投資はたかが知れているものの、その後のランニング期に利益を回収する点は同様です。

当社は銀行振り込み、郵便振り込み、代引き引換、クレジットカードの四つからお選びいただけます。私たちの会社が何をやっているのか、あなたはもしかしたら理解していないかもしれませんが、こちらをご覧いただければ当社の目的がわかります。"当社は環境にやさしいリサイクルトナーの販売を行っており、それのみならず、(印字テストなど)高品質の維持に努めております。トナーをお探しでしたらインクスポット.jpにアクセス "

  • Posted on 30. 1月 2013
  • Written by admin
Leave a comment