タイムレコーダーを使用している会社にお勤めの方も多いでしょう。そもそもタイムレコーダーはなぜ必要なのか。それは出社時刻と退社時刻を明確に記録することで、労働時間を計算することがまずは第一番の目的でしょう。さらに遅刻や、早退などの勤怠管理が目的です。今では自分の働く時間を自由に選べる会社も存在するようですが、それほど多いとはいえないでしょう。

特に製造業などにおいては、全員が同じ時刻でスタートし、同じ時刻で終るような仕事も多いでしょうから、きっちりとした時間の管理は必要でしょう。それが会社の製造コストの削減にもつながり、利益確保の原点でしょう。今では「ガチャ」とタイムカードに時刻を印字するものだけでなく、さまざまな機能がついたタイムレコーダーがあるようです。パソコンなどにつながっていて、労働時間の集計が行なえるようなものもあります。手作業で集計している場合と比べれば、はるかに効率的でしょう。これは、労使双方に目で確認でき、お互いが納得できる働いた時間の証明といえます。残業時間の多い企業では、その管理にもなります。過労死などという言葉をなくすためにも、きちんとした管理は必要ではないでしょうか。最近ではICチップを埋め込んだICカードを使っているところも多いでしょうが、これも立派なタイムレコーダーといえるでしょう。毎月タイムカードの準備をしなくても、一度登録すればずうっと使えるのは便利でしょう。社員証としたり、身分証明書としても使えます。給与計算にも便利なものもあるようです。3交代制などの会社では、その集計に大変手間がかかってしまうのではないでしょうか。そのような管理も容易に行なえるものもあるようです。ただ、いろんな機能があっても、操作が複雑だと使いこなすのが大変なので、宝の持ち腐れになりかねません。

基本操作が簡単で誰でもあつかえるというのが最も重要なことかもしれません。どこまでの機能を必要とするのか、そこまで機能をつけて使いこなせるのかは十分の検討が必要でしょう。コストをいかに削減して、効率をよくするかが企業には大切なことです。それはなにも製造部門の現場だけとは限りません。事務手続きも総務部門も同じなのです。いまではインターネットを利用した勤怠システムもあり、スムーズな事務処理に一役かっているようです。ネットを利用すれば、仮に離れた場所にある事務所や工場などの管理も容易になるというものでしょう。操作と集計が簡単、便利な機能もたくさんとなれば魅力的です。あとはどのような機種が一番会社にマッチしているかでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*