日頃利用するタイムレコーダーについて

タイムレコーダーというと誰もが一度は使用したことがあるのではないかと思います。例えば学生時代のアルバイトなどです。私自身もアルバイトはもちろん、社会人になった際の職場でも使用していました。タイムレコーダーとは、出勤や退勤はもちろんのこと、休憩時間時入る際や仕事に戻る際などに専用の器機にカードを通すことで、その時間を正確にカードに記載してくれる大変便利なものです。また、それにより時間給などを自動的に計算しています。そんな便利なタイムレコーダーにも現在は色々な種類のものがあります。例えば、アナログ式のものから、電子式のもの、今ではパソコンなどから管理することのできるものまで多く揃えられてあります。


しかしやはりよく使用されているのがアナログ式のものではないかと思います。それは何より簡単に分かりやすく誰もが使用できるという点で優れていると言えます。


そのためパートやアルバイトなどの労働者が多い店舗などで多く使用されています。自動的に時給を計算してくれるなどの便利な機能も備わっており、雇う側としては本当にありがたい存在だと思います。またアナログ式のものはタイムレコーダーの価格としてもきわめて安く、何より雇う側も雇われる側も簡単に理解して使いやすいのが魅力の一つではないでしょうか。そのような便利なタイムレコーダーが世に出てきたのは19世紀のことのようです。またその当時は総理大臣も奨励するほど国全体で必要不可欠な画期的なものとなっていたようです。そのような歴史もあるタイムレコーダーですが、現在でもいまだに進化をし続けています。今までは個人認証としては専用のカードに自分自身で名前を記入するというような簡単なものでしたが、指紋や声帯などを認識して個人を認証するようなものが研究されているようです。それが実現すると、これまでのように人数の多い店などでは違う人のカードを誤ってタイムレコーダーに入れてしまうというようなこともなくなると思いますし、きちんと管理するためにもいいように思います。また、そのようなタイムレコーダーと同じ内容のものを使用して、現在は学生などの出欠確認を行っているところもあるようで、学生証と一体型になっていて大学などの出欠確認が正確にとることは難しい場面では便利でいいように思います。今後も様々な進化をしながら、色々な場面で使用されるようになるであろうタイムレコーダーに期待が膨らみます。

  • Posted on 29. 1月 2013
  • Written by admin
Leave a comment